DVDの収録内容

北京オリンピック200m背泳ぎ代表 中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDは、泳ぎが速くなるポイント(コツ)や練習方法、トレーニングが映像で分かりやすく解説してあります。

 

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

 

DVD1の収録内容

 

ストリームラインと姿勢
ストリームラインの作り方と姿勢のポイントが解説してあります。

 

{浮身姿勢}
ただ浮こうとして思うように浮けません。できるだけ酸素を取り込み溜め込むことが大切です。
その溜め込み方や、酸素を下に降ろすテクニックなどが学べます

 

{反り腰にならないようにする}
お腹を突き出して反ったようになる人が多いですが、そうなると脚の部分が沈むよになり、綺麗なストリームラインの姿勢が作れません。その練習の仕方など。

 

{目線の位置を確認}
顎、目線の位置を真上に向けるなどの、綺麗なストリームラインを作るコツや練習方法、悪い例を交えて解説してあります。

 

スカーリング
{ノーマル}
手先から肩仁かけての練習、コツ、注意点。

 

{キャッチ・プッシュ部分}
少し肘を曲げるまでをキャッチ、手の平で腰の部分まで水を押すことをプッシュとして練習をします。

 

{フィニッシュ部分}
最後の押しのドリル、手のスナップを使い水を押すなどポイントが分かります。

 

{オールスカーリング}
キャッチ、プッシュ、フィニッシュなどの部分的なところは出来ていても、全体の流れで上手く出来ない人は必見です。

 

キックの蹴り方
股関節はあまり意識せず、膝から下の動かし方を覚えるなどのポイントを、例を交えて分かりやすく解説してあります。

 

進むためのキックを身につける
ビート板などを使った練習方法が紹介してあります。

 

スクリューキック
ただ真上にキックするのではなく、少し回転を入れながらキックをします。
内側にキックする意識で回転の動きをつける、タイミングなどのコツが学べます。

 

サイドキック
体幹の維持、サイドに向けた足の動かし方、ローリングの位置などの確認が出来ます。
意識すべきことや注意点など、ポイントを解説。

 

ダウンキックドリル
背泳ぎは仰向けでの泳ぐので足が沈みがちになりやすいので、足先を後ろに押さえ込む動作をするとダウンキックになり、体を浮かせてくれます。
上げるとアップキックになり推進力を増し、下げるキックは体を浮かせる時として考えて練習を行います。

 

ローリングキック
気をつけなければいけないのは、肩と腰の部分です。
腰の回転を入れながら姿勢を作っていきます。腰から動かしキックを作るなどのコツや練習など。

 

バサロキック
スピードアップするにはバサロキックを使うとかなり違ってきます。
まずは膝から下の動きを覚えることが大切で、そうすることで上の動きも簡単にマスターすることが出来ます。
練習する時のポイントなど。

 

プルブイの使い方
プルブイを用いて体幹の使い方を練習します。

 

{手先}
水中の手先を変えながら、腕全体で押す泳ぐ練習をします。

 

{腕}
ヘッドアップの練習、その際の注意点など。

 

パドルの使い方
小さいパドルを使って、キャッチの部分をしっかり作るなどの練習時の意識するポイントを踏まえ、実演で分かりやすく解説してあります。

 

 

 

DVD2の収録内容

 

スイムの注意点 〜手・腕の回し方〜
腕は大きく回さず半分回すイメージで行うなどのコツが学べます。

 

エントリー部分からのキャッチの仕方
手の甲または親指から入水するようするほうが、次のキャッチがやりやすくなるなどの仕方と練習方法。

 

入水位置を確認
入水位置が身体の中心線に向かって入れ込んでしまう人が多いですが、そうなると無駄な動きが入ります。理想の入水位置が学べます。

 

片手の動きを覚える
姿勢の維持、ローリング、キャッチのポイントの位置、全体的なストロークの4つのポイントに意識して練習を行います。
より綺麗なフォームと上手く水を押すなど、速く泳ぐ為の要素が入っています。

 

エントリー位置は遠くに入れすぎない
無理に伸ばそうとしない。出来るだけ上体がぶれないようにするなど、良い例と悪い例を交えて解説してあります。

 

手先は水中にて維持を行う
手は水面に入れたところで少し止める意識を持つなどのコツが学べます。

 

プッシュ位置を高めから行う
キャッチからプッシュは高いところから押す。

 

ローリングの使い方
肩だけでローリングしようとする人が多いですが、骨盤を使い、中心部を意識しながら回旋の練習をする。

 

間を作って泳ぐ意識を作る
入水からフィニッシュで一旦停止することを意識することで、間が生まれ、次の動作の準備が出来ます。

 

タイミングスイム
キックとスイムのタイミングを出来るだけ合わせながら泳ぐ練習です。

 

息継ぎ
クロールと同じタイミングで息継ぎをする。そのやり方が学べます。

 

ストロークテンポを合わせる
まずは、手を一定の速さで動かす練習を行います。
苦手な人はどちらか一方の手に片寄りがちです。フラットの泳ぎが出来るようになることが大切です。

 

ターンのコツ
{5mラインからのストロークチエック}
ラインから4〜5回くらいで回れるように、しっかり回数を数えながら練習を行います。

 

{回り方}
小さく回るように注意するなど。そのコツヤ注意点。

 

{足先を壁につける}
回転の際には、足全体を壁につけず、踵以外で着地できるようにする。

 

{ターン時の目線}
飛び出す為に、ターン時に一瞬目線を進行方向に向ける。

 

スタートのコツ
{まずは身体を水中に入れる}
壁を蹴る前に水の中に全身が入り込むなどのポイントなど。

 

{蹴り出し}
斜め下に向かって蹴り出すことを意識して行います。

 

{合図後の動きの順番}
スタートでの綺麗なアーチが描ける体の動き方が学べます。

 

陸上での練習方法
メディシンボールなどを用いた陸上で出来るスタート、スクリューキック、ローリング、入水とフィニッシュ、浮身姿勢、背泳ぎに必要なバランス感覚、フィニッシュで必要な三頭筋の筋力トレーニングなど、様々な練習方法が紹介してあります。

 

 

以上が北京オリンピック200m背泳ぎ代表 中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDの収録内容です。
また、水中での映像も鮮明で声も聞き取りやすく、とても分かりやすくなっています。
何より見ることで背泳ぎのテクニックも上がりますし、ドリルや泳ぎのコツを踏まえて練習することで、力をあまり使わないで速い泳ぎが出来るようになれる筈です。

 

 

今より楽に速く泳げるようになりたい競泳選手とマスターズ選手の方は、メールサポートや返金保証などもあり、それに答えるだけの質の高い教材になっていますので、頑張ればそれだけ得られるものも大きいので、一度参考にしても損はないでしょう。

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる