背泳ぎのキックのコツ

背泳ぎのキックが上手く出来ていますか?
脚の裏全体を使っキックを行い、太ももの裏からふくらはぎ、足の裏まで使い、下方向に水を押さえ込むようにしながら、後ろに流していくように行うことが大切です。

 

 

蹴り下げのキックで水を下に抑えたら、その反動で蹴り上げのキックを入れます。
蹴り上げのキックを強く行うと、頭が浮き脚が沈んでしまい水面に対してフラットな姿勢で泳ぐことが難しくなるので、足の裏全体を使ってキックがすることが重要になってくるのです。

 

 

そして、蹴り下げのキックの最後に足首を伸ばしてスナップを効かせ、その反動をつかって蹴り上げへと移ることで、キックのテンポを速めることが出来ます。
また、足首のスナップ利かせるには、余分な力を入れない方が良く、自分で満足するレベルになったら、更に力強いスナップを利かせられるようにしましょう。

 

 

ただ、膝を曲げすぎて蹴り上げするとキックが大きくなり、頭があがる原因にもなりスピードが減速してしまいますが、膝を全く曲げないと蹴り上げの反動を使えないので、蹴り上げの膝は軽く曲げるくらいにするのがベターでしょう。

 

 

また、背泳ぎは水面に平行(フラット)なストリームラインで泳ぐのが良いので、蹴り上げのキックは弱くすることから、水面に大きな水しぶきがあがるのは良くありません。
かと言って、全く水しぶきがあがらないのは、脚が下がり過ぎており、フラットな姿勢で泳ぐことが出来ていないといこになるので、軽く水しぶきがあがる程度が最適でしょう。

 

 

上手くキックが出来ない時は、蹴りあげでのキックが水面に完全に出るくらい上げて練習をし、水面を叩くことでより意識を高めることが出来ます。
背泳ぎのキックの注意点としては、キックの上下幅が大きいと、それだけ水中で受ける抵抗が大きくなり、スピードが減速してしまいます。

 

 

いずれにしてもキックは、踵の位置が深くならないように打つのがコツです。蹴り上げるというよりも、足の裏で水を押さえるようなイメージでキックするようにしましょう。

 

なお、背泳ぎのキックで、股関節から動かすように指導された選手も多いと思いますが、それには陥りやすい、ある盲点があります。この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、膝から下の動きを注意することに加え、背泳ぎのキックの重要ポイントやコツが学べます。

 

トップスイマーが勧める、強力かつ無駄のない背泳ぎのキックの習得法とは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる