浮き上がり時はキックで軌道修正しょう

背泳ぎで効率よく泳ぐには、浮き上がり時のキックで軌道修正すると良いですね。
バサロキックから背泳ぎに切り替える際の、水面に浮がる時に、よくやってしまいがちなのが、上半身を折り曲げて腕で舵取りをしてしまうことでしょう。

 

 

ですが、これでは浮き上がり時の上体が受ける水の抵抗が大きくなるので、キックの強弱で行った方が効率よい泳ぎができます。したがって、浮き上がる時は、キックの蹴り上げを強くおこなって頭を持ち上げるようにするのです。
このようにすることで、浮き上がり時の水抵抗を最小限に抑えることができ、効率よく背泳ぎに繋げるようになります。

 

 

スタートした直後は、重力もあり、自然と身体は深くへ沈んでいきますが、その速度と水深加減を調節する為にも、入水後は蹴り下げで水深をキープしましょう。(蹴り下げによって、下向きに水を押さえて、落下速度を抑えることが出来る。)

 

 

そして、水深が安定したところで、蹴り上げと、蹴り下げの両方で水をしっかり捉え、水深を一定に保つバサロキックを行うようにします。そして、浮き上がる時には、蹴り下げよりも、蹴り上げを強くやることで姿勢が上向きになり、頭が浮きあがります。

 

 

しかし、強引に手で上向きに舵をとろうとすると、腰を曲げたり、背中を丸めたりしなければならなくなり、その結果、水の抵抗受けるので、蹴り上げをより強くして浮き上がるようにして、水の抵抗を最小限に抑えて、効率よい速い泳ぎに繋げることが出来ます。

 

 

なお、上手く出来ないで腕で舵を取ってしまいがちになるのは、キックが蹴り上げのみになっている事が多いので、蹴り下げで推進力を得るようにすると、上手く出来るようになるでしょう。

 

 

背泳ぎのスピードが大幅にアップした選手が続々と誕生しています!

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる