背泳ぎのスタートのコツ

背泳ぎで良いスタートがきれていますか?
背中を打ってしまい、水面で抵抗を受けてしまう人も多いのではないでしょうか。当然ですが、水の抵抗が小さくなれば、それだけスピードが出ますね

 

 

その為、スタートの構えは、体を高く持ち上げるようにすると良いです。出来ればお尻が完全に水面から離れるようにすると、水の浮力の助けがないので苦しいですが、水の抵抗を背中で受けないですみます。

 

 

背泳ぎ用のグリップは縦にも横にも握れる形状になっており、体の小さい選手は体重も少なく、握り部分の体の窮屈さもあまりないので、体を高く持ち上げやすいでしょう。
ですが、体の大きな選手や女性はそうもいかないので、高さが足りないようなら腕力や握力等のトレーニングをして、ある程度の筋力をつける必要があります。

 

 

また、人によってやりやすさは違いますが、背泳ぎ用のグリップは構造的に縦に握った方が手の位置が高くなるので、それだけスタートでの身体が高くなりますので、グリップは横だけでなく縦も試してみると良いです。

 

 

そして、背泳ぎのスタートは、重力に逆らって握力と腕力でグリップにぶらさがるので、背中を丸めてしまいやすですが、これだと体の回転の動きが大きくなり背中を水面で打ちやすくなります。
したがって、出来るだけ背中を伸ばすように構えて、頭の位置を高くするようにするのが背泳ぎのスタートのコツです。

 

 

この姿勢からスタートすれば、頭を後ろに振った際に回転の勢いがつきやすいです。
更に、これまでスタート時の脚の位置は、水面に沈んでいないといけませんでしたが、ルールが改正され足が出ても良くなったので、足を自分のやりやすいい最適な位置まであげて蹴り出すようにしましょう。

 

 

ただ、あまり高くするとやりにくくなるので、足は踵が水没する程度を目安にし、蹴り出すのは水面から出ている足の裏の親指の付け根のふくらんだ部分で行うので、滑らないように気をつけて下さい。

 

なお、背泳ぎのスタートでの蹴り出しには、飛び出す方向について誤解している選手も多いものです。推進力を生み、バサロキックに効果的につなげるためには、蹴り出しの方向と出方にコツがあるので、中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDの映像を見て実際に真似をして練習することで、伸び悩んでいる方にはタイムアップに繋がるでしょう。

 

共通する間違った蹴り出しとは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

 

短期間で身につく即効性がある水泳のスキルであるスタート・ターン(各泳法別)に特化したコツと練習法。

更にそれらの全てで活きるドルフィンキックを強化して短期間でタイムを縮めたい方は必見!