手のかき方のポイント

背泳ぎの手のかき方のポイントして、間を作る意識を持って練習することが大切です。
入水のポイントからフィニッシュの間のところで一旦停止することを意識して泳ぐようにするのです。そうすることで間が生まれ、次の動きの準備がしっかり出来るのです。

 

 

ただ何秒も停止するのではなく、気持ち止まる程度で片手のストリームラインを作るイメージで行い、次の動作に繋げれるようにすることが大事です。
実際に、背泳ぎの上手い人の手のかき方を見ると、キャッチをしてから一度止まっているように見えるものです。

 

 

もちろん、この間というのは人それぞれ作り方は違うと思いますが、止めるという動作は比較的に簡単に作れるのではないでしょうか。
焦らずに水に手を入れたところで止めて間を作るという意識をもって行うといいです。

 

 

もちろん、間をとらないで手を動かすということは悪いことではありません。
手の回し方として、入水とフィニッシュのタイミングを合わせるように、手を水に入れた後は素早くキャッチ、フィニッシュ後は素早く抜きあげてリズムを作り、両手をぐるぐる回すこともあります。

 

 

ですが、長くストロークを使いながら伸びながら泳ぎ、スピードをあげると考えた時には、どこかで止めるポイントを作ると、そこからの動きが分かりやすくなってきます。
その為、背泳ぎを練習する際は、無理に腕を回して泳ぐのではなく、一旦止めて間を作る意識をもって行うようにするほうが上達しやすく、将来確実にタイムを上げることに繋がると思います。

 

 

何より、間を作らないとキャッチの時に焦って手を掻いているように見えるので、そこの部分を気をつけて練習すことが大切です。
特に回転だけで泳いでいる方は、少し間をいれてあげると、自分で伸びを感じることが出来ますので、それを体感しながらスピードアップしていきましょう。

 

 

元・五輪の背泳ぎ選手が、全ての練習法で意識する注意点とは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる