バタ足が進まない

背泳ぎのバタ足が進まないということはありませんか?
基本的には、背泳ぎのバタ足もクロールと同じですが、ポイントは膝を伸びきるところまで蹴り上げることです。

 

 

これがしっかり出来ないと膝から下の動きが抑制されて、しっかり水を押し出すことが出来なくなってしまいます。
また、蹴り下げのほうが強くなって、推進力には繋がらない無駄な力が働いてしまいます。

 

 

そういう人は水面上に膝が出たままキックしてしまっている悪い癖があることも少なくありません。
このようにるのは膝が伸びきる前にダウンキックをしてしまっているからです。常に膝が伸びきるまで動かすように意識しましょう。

 

 

そして、キックにしてもストロークにしても水を押さないと前に進みません。
何より抗力がないと前に進む為の推進力が得られないので、水を足の甲でしっかり押し出すことが大切です。。

 

 

その為には、足首に力を入れずに柔らかくして使うことがポイントで、力任せに足をバタバタ振っているだけでは疲れるだけで、スピードアップしません。
蹴り戻しの時も、足首の力が入ると固定した状態で上下動させることになって推進力に繋がりません。

 

 

力を抜いて足の裏で水を後ろに送り出せるようにすることが必要になるので、ダウンキックの時に、膝を曲げないようにして踵から落とすような感じで蹴り戻すことで、足の裏で水を後ろへしっかり送り出すことが出来ますよ。
いずれにしても、背泳ぎのバタ足が進まないようなら、膝から下部分の使い方を見直す必要があるでしょう。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、ビート版を使って「長座姿勢」でトレーニングする方法などが紹介してあるので、長時間練習してもキックの力が強化できず、タイムが上がらない選手は一度チェツクしてみてください。

 

遠回りせず進む為のキックを身につけたい方へ

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる