速く真っ直ぐに泳ぐには?

背泳ぎで真っ直ぐに泳ぐことが出来ていますか?
背泳ぎは、唯一仰向けになって泳ぐこともあり目標が定まらず、中級者以上の選手でも、真っ直ぐに泳ぐことができないという悩みを持っている人が多いものですね。

 

 

当然、タイムを上げる為にもまっすぐ泳がなければいけません。
簡単に矯正する方法としては、左右のコースラインを見ながら泳ぐことでしょうが、それでは根本的な解決にならないので、プールが屋内、屋外に関わらず、ストロークとキック共に左右均等に同じ力をかけるしかないでしょう。

 

 

また、背泳ぎはクロールに似た加減速で進み、ストロークした後の加速する際の速さと、ストローク直前の減速の速さの差が少ないので、常にキックをしながら、途切れなくストロークする泳法になり、テンポを一定にしてリズムよく泳ぐことが大切です。

 

 

そして、何より背泳ぎのストロークは体の横なので、片側のストロークごとに多少は左右に曲がることはやむを得ないでしょうが、左右のストロークの差があり推進力の違いがあるほど、どうしても一方への曲がりが強くなり真っ直ぐ泳げなくなります。

 

 

その為、左右均等なストロークが大切です。
更に、キックのバランスが左右で均等でないと、横方向へのキックの差がでることで曲がりやすくなってくるので、ストローク同様にキックもバランス良く行い、左右均等の推進力を発揮できるようになることが大切です。

 

 

左右均等の力が掛けられているかどうかを確認するには、目をつぶって泳いでみると良いです。これで真っ直ぐに泳げるようなら目標物が無くても安心です。

 

なお、姿勢が重要であることは言うまでもありませんが、その姿勢を理想的に保ち、スピ―ドアップだけでなく形のいい背泳ぎのストリームラインを作る為のコツ、それはあごの位置と目線とおき方になります。

そのコツを知らない選手の泳ぎは少々ぎこちなくなる傾向があるので、中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDの映像を見て、しっかり学ぶことで、これまでの泳ぎが大きく変わってくるでしょう。

 

速く&カッコ良く泳ぎたい選手にお勧め、滑らかなストリームライン習得のポイントとは

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる