背泳ぎのターン後のバサロキックが上手く出来ない

背泳ぎで、ターン後のバサロキックが上手く出来ないという悩みはありませんか?
特にクイックターン後に跳び出しが上手く出来ずに、バサロキックに上手く繋げられないで、タイムロスをしてしまう選手も少なくありませんね。

 

 

この時には、小さく回ることによってお腹を見ながら回ってくるようになりますが、その後に跳び出さなければいけません。

 

 

ターン後に跳び出すことが苦手という方は、ターン中に進行方向を少し確認してから跳び出すように練習すると良いでしょう。
そうすることでバサロの姿勢も作りやすくなります。

 

 

また、ターンで壁を蹴る時には下方向に深めに蹴り出すことがポイントです。
つまり、足が壁についたところよりも体が下に行くように蹴るわけです。
それには、割と足を壁の上のほうへつくように意識して行うと、下のほうに蹴りだしやすくなります。

 

 

更に、回転する為にあまりに早くにひっくり返ってうつ伏せになってしまうと、そこから息継ぎが出来なくなるので、バサロキックを打つ頃には息がとても苦しくなってしまいますね。
その為、なるべくぎりぎりのところでひっくり返ってうつ伏せになるようにして、その前にしっかり息を吸っておくようにしましょう。

 

 

いずれにしても、ターンはコンパクトにして回る時間を短縮してロスをなくし、バサロキックに繋げられる状態を作るようにすることが速く泳ぐには必要でしょう

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、小さな回転で回り、進行方向に目線を向けて飛び出す練習方法が紹介してあり、ターン後の跳び出しが苦手でバサロキックに上手く繋げられず、タイムロスしているスイマーは参考になるでしょう。

 

 

クイックターン後に、正確な方向に飛び出すのが苦手な選手が忘れているポイントとは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる