キックを打つ時は腹圧を入れに骨盤を安定させよう

水泳では、ある程度の腹圧を常に入れておくのが基本ですね。
そして、背泳ぎの一連の動作の中でも、キック動作は脚全体で水の抵抗を受けることから、骨盤がぐらつきやすくなるので、そこで骨盤を止めて体幹を安定させておけるかどうかが重要です。

 

 

何故なら、キックから効率よく推進力を得るには、骨盤を安定させた状態でキックを打つことが大切で、ぐらっかせないで打つことで推進力が増すからです。

 

 

また、背泳ぎは脚が沈みやすい泳法ですが、常に下半身を高く保つ意識が必要になり、骨盤を安定させることで下半身が高い位置に維持することに繋がり、更に浮力も得られて下半身が浮くことで、反り腰にならずに腰に掛かる負担も減らせことにもなるのです。

 

 

その為には、腹筋で骨盤を固定して脚を動かす必要があり、その際や体を捻ったりする時にも腹圧が抜けないようにしておく必要がありますね。
更に背泳ぎは仰向けで泳ぐので、特に背筋を使う比率が高くなりますが、体の位置を高くしようとして背筋を使うと、腰が反ってスピードダウンしてしまうので、腹部を使って体幹を維持する必要があります。

 

 

どちらにしても、背泳ぎでは、アップキックとダウンキックの両方から推進力が得られ、大きなローリングが入るので、様々な姿勢で体幹を鍛えておく必要性があるでしょう。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、プルブイを上手く使った練習方法をいくつか紹してあり、腹筋を中心に体幹を意識する練習を実践することで、効果的にスピードアップが実現できます。

また、サイドキックのトレーニングもあり、体が大きく回転して不安定になってしまうなど、あらゆる問題を解説するのに役立ちます。

 

サイドに体を向けたときの足の動かし方、体幹の維持の仕方をマスターすることが出来ますので、これらの練習をしっかり取り組めば、短期間で自己ベベストを更新することが期待出来るでしょう。

 

効果的にスピードアップするために不可欠な体幹強化練習方法とは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる