背泳ぎのエントリー(入水)は親指から

背泳ぎのエントリーは親指から行っていますか?
手を水面から出して、次に水を掻くまでに、手を上に振り上げている間に手のひらを回して 小指から入水するようにと教わった人も多いかもしれませんね。

 

 

ですが、背泳ぎのエントリーでは無理に小指から入れる必要はありません。
何故なら、ローリングが深くなり顔が左右にぶれるなど、フォームが崩れてしまうからです。

 

 

そうなってスピードが落ちタイムロスするよりは、リカバリーしたままの状態で親指から入水し、手のひらを返してしっかり水をキャッチするようにしたほうが良いでしょう。

 

 

何より、背泳ぎのスピードアップさせるには、手をかきまわして泳ぐというより、左右のローリングがポイントになり、腰を捻って、体を柔軟にローリングさせることで、それに伴っておのずと手がついてくる泳ぎ方が理想でしょう。

 

 

そのようにすれば、遠くの水を楽に掴むことが出来て、速く泳ぐことが出来ますよね。
したがって、背泳ぎでは手の甲または親指から入水し、その際には肩甲骨を動かして、腕は真っ直ぐに伸ばします。

 

 

そして、入水したら手のひらを返し、ローリングをし始めます。
肩甲骨を前にぐっと出してより遠くの水をキャッチし、腰を柔軟に捻りこころもち半身になり、肘を立ててハイエルボーでキャツチし、プルに繋げます。

 

 

逆側の手は、リカバリーをコンパクトに行い、体の中心に力をいれ足が沈んだりしないように気をつけて、プッシュオフに合わせて、体を水平の状態にし、徐々に反対側にローリンさせて行くようにすれば、ブレずに楽に速く泳ぐことが出来るでしょう。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、水をキャッチする方法を初歩的なことはもちろん、肘の使い方のコツなども分かりやすく映像で解説してあるので、今の悩みを解消し遠回りせずに短期間で上達して、自己ベストを更新したい方は必見です。

 

水をしっかりつかむには、どうすればいいかわからない選手へ勧める練習法とは?

分かりやすい映像の解説とメールサポートでばっちり分かる!

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる