背泳ぎのプルのコツ

背泳ぎのプルが上手く出来ていますか?
プルはキャッチした水を押し出す動作ですね。

 

 

そして、背泳ぎのプルでは、身体を捻りながら体幹が不安定になってしまうと、身体の後方に肘の位置が行き過ぎてしまいます。
その為、両肩のラインよりも肘が後ろになり過ぎないように注意して、腕力だけではなく背中の広背筋をしっかり使って、水を引っ張ってくることがコツです。

 

 

この時のプルの動作で水を引っ張ってくる際には、手の外側に水が逃げないようにしなければいけないので、小指側から水が逃げないようにする為にも、握力を強化することも必要です。

 

 

また、背泳ぎを真横から見た場合、ストロークでの手のひらの軌道がI字描くようにするのが理想でしょう。
以前はS字プルが主流でしたが、トップスイマーの多くが真横に真っ直ぐにI字を描くように掻くのが近年の主流となっています。

 

 

どちらかというと、手で水を掴んで押すと言うよりは、水を足元に放るような感じでプルを行うといったほうがより正しいでしょう。
とは言え、肩の構造からして、真後ろに腕は回らないので、完全なI字プルは出来ません。

 

 

実際は緩やかなS字のストロークになると思いますが、可能な限り手の軌跡を真っ直ぐに行うようにすれば、水の深い所をかいて推進力が得られやすくなります。
逆に浅いと水面に波が立ち、それが推進力の妨げになりますし、捉える水の量も少なくなってしまいますね。

 

 

背泳ぎは背面で泳ぐ為、ある程度の水深でストロークするには肘を曲げなけれいけませんが、とは言え、曲げすぎてしまうと、今度は手のひらが水面の近くになり、手で捉える水の量が不足して、十分な推進力が得られなくなります。
したがって、肘を鋭角に曲げすぎないよう気をつけましょう。

 

 

どちらにしても、水をしっかりつかむことが全ての泳法に必要ですが、この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、背泳ぎ特有の注意すべきポイントが映像で分かりやすく解説してありますので、これを参考にすれば今の自分のタイムが伸びな悩む原因も分かってくる筈です。

なお、タイムを縮めるには熱心な努力が必要ですが、それだけでは背泳ぎはなかなか上手くなりません。頑張ることは大切ですが、それ以上に考えることが上達の第一歩で、努力が報われる上達の方法を身につけていきましょう。

 

タイムが伸び悩んできたら、まず見直すべき「スカーリング」の注意点とは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる