背泳ぎは体幹を鍛えることが大切

背泳ぎは体幹を鍛えることが大切になりますね。
そもそも背泳ぎは沈みやすい泳法なので、お尻や脚を高い位置に保つ意識が必要になります。

 

 

その為、下半身を持ち上げる為に股関節やお尻の筋肉が重要になってきます。
また、クロールと比較するとローリングやキック動作も大きくなり、アップとダウンキックの両方から推進力が生まれます。

 

 

その為、色々な向きで体幹を安定させるために鍛えることが必要になってくるのです。
更に、背泳ぎは仰向けで泳ぐので、クロールや平泳ぎ、バタフライの3泳法とは要として使う筋肉が異なり、背筋を使う割合が高くなるのです。

 

 

ですが、背筋を身体の位置を高くする為に使うと腰が反りやすくなり、お尻(骨盤)が沈んでしまうので、骨盤を安定させるには、腹筋をしっかり使う必要があるのです。
したがって、背泳ぎで骨盤を安定させるには、背筋と腹筋が重要になるということです。

 

 

そして、背泳ぎの体幹トレーニングでは、基本的には脚を伸ばした状態で行うことがメインになるでしょう。
加えて、肋間筋の柔軟性を高めておくと良いですね。

 

 

肋間筋っていうのは肋骨の間にあって、胸郭を広げたりせばめたりしながら、呼吸運動をしている筋肉です。
背泳ぎのドルフィンキックやバサロキックでは、胸部を前後に柔らかく動かす必要があるので、腰椎の動きを抑えて胸椎を動かせるように肋間筋の柔軟性を高めておくようにしておくといいわけです。

 

 

いずれにしても、背泳ぎのポイントとしては、顔がぶれることなくストロークを行い、後半の疲れが出たときにもこのストロークが安定的にしっかり出来ることです。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、効果的に速く泳げるようになる為に不可欠な体幹強化練習方法が紹介してあります。

体幹をしっかり鍛えることで、誰もがキツイ後半に、上下動をせずフラットに泳げるところや、胸回りがしっかりローリングしており、腕もきちんと上がっているところなどはお手本になり、一般のスイマーのタイムアップにはとても参考になるでしょう。

 

五輪選手の体幹の強さを生んだ練習法が分かります!

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる