背泳ぎのクイックターンの練習方法

背泳ぎのクイックターンの練習に十分な時間をかけていますか?
のクイックターンの練習方法としては、動作をいくつかのタイミングごとに分けて行い、そして全体の流れを練習することがポイントですね。

 

 

背泳ぎのクイックターンは仰向けの状態から一気にうつ伏せになって行うので、まず最初にポイントとなるのが、このうつ伏せに体を変えるところで減速しないで身体を切りかえることです。
とは言え、うつ伏せで泳ぐクロールや平泳ぎ、バタフライとは違い、壁との距離感を視覚で確認することが出来ないので、うつ伏せになるタイミングを調整する為に、何度も練習をして掴んでおく必要があります。

 

 

そして、仰向けの状態からうつ伏せに素早く切り替えるには、余分にもう一回転するような勢いで、リカバリーをしている手を顔の前を通すようにして逆側に持っていき、身体を仰向けからうつ伏せに切りかえ、直ぐにターンが出来るタイミングで身体を切りかえましょう。

 

 

水を掻いているほうで生み出される推進力と、リカバリーで手を元に戻す勢いを合わせることで体はスムーズに仰向けからうつ伏せに切りかわります。

 

 

また、背泳ぎのクイックターンの回り方は、胸から丸めるような感じで上半身を回転させ、その後に膝を素早くたたむようにして下半身を回転させて、壁に足をつけると良いですね。

 

 

したがって、クイックターンの回り方のコツは、上半身を丸めこんだ時に、ひらがなの「つ」の字を全身で作るようなイメージで行い、伸ばされた脚のももの裏側を一気に縮めるように膝を素早くたたみ、下半身を回転させて、壁に足をもっていくようにするのです。

 

 

つまり、上半身と下半身の2つの回転動作を意識して行うようにすると良いです。
更に、足を壁につける時間を短縮することも、クイックターンが素早く行えますね。

 

 

その為には、回転しながら身体を捻じらずに、一度回転を終わらせてから、蹴り出しながら捻じり姿勢を戻したほうが良いと思います。
ただ、蹴り出しながら体を捻じる動作は繰り返しの練習をする必要がありますが、ターンの速さを考えれば、この足のつき方が一番良いでしょう。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、いくつかのタイミングごとに区分して練習、そしてその一連の流れを練習するといった背泳ぎのクイックターンの練習方法が、文章ではわかりにくいことも映像でしっかり解説してあるので、回転のコツなども合わせて知って、ライバルに大きく差をつけたいなら必見でしょう。

 

好タイムを出すためにマスターすべき、理想的なターンをお教えします!

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる