背泳ぎのフォームを改善しよう!

自分に合った背泳ぎのフォームで泳ぐことが出来ていますか?
背泳ぎでスピードをアップさせるにはフォームが大切ですね。

 

 

ローリングはできる人は結構いますが、自分に合った水の抵抗を少なくし、速く楽に泳げる背泳ぎのフォームというのはなかなか習得しているスイマーは多くはありません。

 

 

そして、練習後に腕や肩などが痛いようなら上手く水を捉えていないことが考えられます。
そもそも多くの水を捉える為には、背中の逆三角形のラインを作っている主な筋肉である広背筋と腕の付け根を使って水をキャッチすることです。

 

 

実際に、入水後すぐに内側に肘を向けて、手のひらを下にした状態で水をかくと、広背筋に力が入ることが理解できる筈です。
ですが、肘が下ってしまって、しっかり水を捉えることが出来ないと腕に必要以上の力が入ってしまうんですね。

 

 

その為に、背泳ぎの練習後に肩や二の腕などが痛みが起きるのです。
したがって、広背筋を使って水を多くとらえる速く楽に泳げる背泳ぎのフォームというのは、入水したら直ぐに手のひらを反して、腰をひねって体をローリングさせ、ほぼサイドでキックを打ち、水を腕全体で掴みます。

 

 

また、この時にはキックは大きくするとバランスが崩れてしまうので、細かく同じリズムで打ちます。
そして、肘を立ててハイエルボーで水をキャッチし、広背筋に力を入れて水をぐっと引き寄せます。

 

 

その後に引き寄せた水を、足元と言うよりはやや斜め下に向かって投げるような感じでプッシュオフし、水を押し切ったら、素早くリカバリーに移り、腰をひねり反対側へローリングし、それと合わせて反対側の手を入水させます。

 

 

いずれにしても、正しいエントリーの位置をしっかりと習得することが、ぶれないフォーム(姿勢)を作るには不可欠です。
また、速く泳ごうという意識が強い選手ほど、小指での入水ポイントにこだわり、姿勢は崩れしかも疲れやすい泳ぎのフォームになっています。

 

 

体力の消耗を最小限にすることが、しいては好タイムを出し続けるポイントになるので、そのような人は背泳ぎのフォームを改善してみると良いでしょう。

 

 

姿勢がぶれ、体力の消耗が人一倍激しい誤った背泳ぎのフォームを改善するには?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる