背泳ぎのターンの仕方とコツ

背泳ぎのターンが上手くできますか?
タイムを縮める為にもターンが上手くできるようになって、タイムロスを少しでもなくしたいものですよね。

 

 

背泳ぎのターンにはタッチとクイックターンがあり、壁までの距離が分からないのが難しいところですが、速さを追及するならやはりクイックターンでしょう。
現在はスタート後だけではなく、ターン後にも15メートル近くバサロキックを行えるので、記録は大幅に短縮されたので、ターン後にバサロキックを行う選手であれば尚更、背泳ぎのクイックターンの練習に時間をかけることが必要でしょう。

 

 

そして、背泳ぎのターンの悩みとして多いのは、タイミングが合わない、まっすぐ回れない、クイックターンが上手出来たり出来なかったりとタイムロスしてしまうことでしょう。
まずターンのタイミングの合わせ方は、壁から5メートルのラインに旗があるので、そのラインを通過する時に体のどの部分があるかで、どういう体勢で壁につくかということを把握しておく必要があります。

 

 

したがって普段の練習で、5メートルのライン通過後、何かきで壁につくかを自分なりのストローク数などを掴んでおくことが大切になります。
距離感が自分なりに掴めれば、ターンを始める動作のタイミングの問題はある程度解決できる筈です。

 

 

また、ルールでは体が下向きになった時には、キックやストロークを連続してはいけないことになっているので、壁までの距離をしっかり掴んでおくことが重要ですね。
その為には、まずは部分練習をすると良いです。

 

 

5mフラッグから手をつくまでやってみる、少し泳いできてから回転してみる、、蹴り出すところだけをやってみるなどして、最終的にはそれぞれを繋げて、一連のターンをやってみると良いかもしれませんね。

 

 

更に5mラインからターンを挟んで5mラインラインまでのタイムを計ってみる練習もやる気に繋がります。
そして、ターン時は素早く体をひねってクロールのクイックターンにもっていきますが、回り方は小さく回ることが第一のポイントになります。

 

 

回転する際も、手を使って回転を助ける動きをするのも効果的で、水を押してあげることで、回転が速くなります。
いずれにしても、素早くクロールの体勢を作るのがコツです。

 

 

背泳ぎのターンの仕方は、壁に対して適当な位置で、腕をクロスさせるように状態を捻って体を反転させ、気をつけの姿勢で壁に近づき、壁との距離を測り、クイックターンをし、体を上向きにして壁を蹴ります。
なお、背泳ぎのクイックターンをする時は、身体をひっくりかえしてうつ伏せになった後に、ポンとドルフィンキックをすると回転のきっかけにもなり回りやすくなりますよ。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、壁までの距離感を掴む為の注意点から、脚先を壁に付けるためのクイックターンのコツ、回り方、ターン後に、進行方向に目線を向けて正確に飛び出す練習法、不安定なターンを上達させるトレーニングなど、文章では分かりくいこともDVDの映像で分かりやすく解説してあるので、記録が伸び悩んでいる方で、短期間で自己ベストを突破したい方には参考になるでしょう。

 

クイックターンのコツと練習方法をお教えします!

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる

 

 


各泳法別でスタート&ターンのコツと練習法に集中して取り組んでいるプログラム
特に個人メドレーは、バタフライ、背泳ぎ、平泳ぎ、クロールの順で泳ぎますが、各泳法で当然ターンのコツは違いますので、それぞれを細かく見直すことで全体のタイムを短期間で大幅に縮めることに繋がります。↓↓