背泳ぎのバサロキックの基本とコツ

背泳ぎでのスタートから入水して、水上に浮き上がるまでのシュートアップはバサロキックで行われますね。
ご存じのようにバサロキックは、両腕を真っ直ぐに伸ばし、両方の足も揃えて上下にキックするのがバサロキックですが、背泳ぎではこのできいかんでタイムに大きな差が出るので、とにかく速くなりたいならしっかりマスターしておくことが大切です。

 

 

その為にはまずはしっかり基本をマスターしておく必要があります。
まず、背泳ぎで入水後に、水面に対して体を水平にし、軽く体を反らせるように膝を曲げます。

 

 

そして、腰の力を利用して曲げていた膝を伸ばしていき、腰の瞬間的に発揮するバネの力を使って、鞭のように足で水を蹴り上げます。
再度両足を蹴り下げ、腰の力で曲げていた膝を伸ばしていきます。

 

 

この動作を繰り返しながら徐々に浮上していき、足が水面に出る直前にストロークを始めます。
また、背泳ぎでのバサロで鼻に水が入ってしまうと言う人は、顎を引いて、鼻から息を吐き続けていないからでしょう。

 

 

いずれにしても、背泳ぎではスタートとターン後にバサロキックを使う事ができ、25mプールの短水路ではバサロキックを最大で 15mまで使えますので、本気で背泳ぎのスピードアップを目指すマスター選手や競泳選手ならバサロをしっかりマスターしておくことは必要不可欠と言えます。

 

 

なお、胸、お腹からキックをするように指導されている選手もいますが、まず大事なことは、膝から下の使い方がバサロでは大切です。

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、バサロキックを効果的にマスターする為の、プルブイ使用の膝から下の運動方法やコツを学ぶことができ、しっかり練習をすれば短期間でスピードアップが期待出来るでしょう。

 

スピードアップするバサロキックのコツと練習方法をお教えします!

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる