背泳ぎのローリング

背泳ぎのローリングが上手く出来ていますか?
そもそもストロークをすると、身体がおのずとローリングをしますが、過剰にしてしまうと背泳ぎでの蛇行の原因になってしまうんですね。

 

 

その為、手をかき回して進むというよりは、腰をひねりしなやかにローリングさせることで、おのずと手がついてくるようになる泳ぎが理想的でしょう。

 

 

例えば、蹴り下げキックを右足ですると、左の方向へ体の軸がローリングし、キックをするたびに左右にローリングが繰りかえされ、キックの1回毎の振り幅が大きければ、それだけローリングも大きくなり蛇行してくるようになるのです。

 

 

したがって、出来るだけ腰のローリングを小さくすると良いでしょう。
とは言え、真っ直ぐに自分では蹴り上げや蹴り下げのキックを行っているつもりでも、腰と肩が一緒に回っていると斜めのキックになってしまっていることがあります。

 

 

当然、こうなれば十分な推進力も得られず、方向性も安定しません。
しかも過度なローリングに繋がってしまうんですね。
これを防ぐには、上半身に関係なく腰は水面と出来るだけ平行を維持するようにするために、上半身と下半身をねじるツイスト動作を行う必要があります。

 

 

つまり肩とのツイスト動作で、腰のローリングを打ち消すようにするのです。
また、肩や肩甲骨などが柔軟な選手に見られることが多いのですが、ストローク時に手の入水位置が肩の延長線上より内側に入るオーバーリーチにならないように抑えることも必要です。

 

 

必要以上に肩をローリングさせると、その分腰もなりやすいので、これを抑える為にも肩の直線上に手を入水させることが大切です。
なお、腰がローリングしている時の目安は、お尻が水面に出ているか否かで、毎回ストロークの度に出ているようなら、腰が回りすぎていると言えます。
いずれにしても、ローリングはキックを小さくした方が抑えられますが、今度は鋭いキックで推進力を高めることが必要になってきます。

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、サイドキックの練習によって、ローリングをしっかりマスターできます。

的確なローリングの位置が体得できていない選手には必見です。

 

速く泳ぎたいなら実践すべき、水の抵抗を最小限にするローリングの秘訣とは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる