背泳ぎの速く泳ぐコツ

背泳ぎは、クロール、平泳ぎ、バタフライの4泳法の中で唯一仰向けになって泳ぎます。
水の抵抗を出来る だけ減らした流線型のストリームライン姿勢を作る為にも、ストロークとキックのバランスが大切です。

 

ここでは、そんな背泳ぎの速く泳ぐコツについてお伝えしています。

背泳ぎの速く泳ぐコツ記事一覧

背泳ぎで真っ直ぐに泳ぐことが出来ていますか?背泳ぎは、唯一仰向けになって泳ぐこともあり目標が定まらず、中級者以上の選手でも、真っ直ぐに泳ぐことができないという悩みを持っている人が多いものですね。当然、タイムを上げる為にもまっすぐ泳がなければいけません。簡単に矯正する方法としては、左右のコースラインを見ながら泳ぐことでしょうが、それでは根本的な解決にならないので、プールが屋内、屋外に関わらず、ストロ...

背泳ぎで良いスタートがきれていますか?背中を打ってしまい、水面で抵抗を受けてしまう人も多いのではないでしょうか。当然ですが、水の抵抗が小さくなれば、それだけスピードが出ますねその為、スタートの構えは、体を高く持ち上げるようにすると良いです。出来ればお尻が完全に水面から離れるようにすると、水の浮力の助けがないので苦しいですが、水の抵抗を背中で受けないですみます。背泳ぎ用のグリップは縦にも横にも握れる...

背泳ぎで効率よく泳ぐには、浮き上がり時のキックで軌道修正すると良いですね。バサロキックから背泳ぎに切り替える際の、水面に浮がる時に、よくやってしまいがちなのが、上半身を折り曲げて腕で舵取りをしてしまうことでしょう。ですが、これでは浮き上がり時の上体が受ける水の抵抗が大きくなるので、キックの強弱で行った方が効率よい泳ぎができます。したがって、浮き上がる時は、キックの蹴り上げを強くおこなって頭を持ち上...

背泳ぎの跳び込みが上手く出来ていますか?当然ですが、水面に背中を引きずるようになってしまうと、それだけ抵抗が大きくなり跳びこみ時のスピードが出ず、僅かなタイムロスももったいないですよね。スタート時の跳び込んで入水する時は、水面に背中を引きずらないようにする為に、胴体を後ろに振って回すようにして入水すると水面での抵抗が少ない跳び込みでの上手いスタートを切ることが出来ます。その為には、膝より先に腰を伸...

背泳ぎも速く泳ぐには、他のクロールなどの泳法と同じように、水面に対してフラット(平行)なストリームラインを作ることが大切ですね。(ストリームラインとは浮きやすい姿勢に加え、水の抵抗を可能な限り減らした流線型をイメージした姿勢。)ですが、背泳ぎは他の泳ぎとは違って仰向けになっているので、水面に対して腰を落とさずに平行な姿勢を作るのが難しいものです。更に、キックで蹴り上げと蹴り下げを上手く行わないと、...

背泳ぎのキックが上手く出来ていますか?脚の裏全体を使っキックを行い、太ももの裏からふくらはぎ、足の裏まで使い、下方向に水を押さえ込むようにしながら、後ろに流していくように行うことが大切です。蹴り下げのキックで水を下に抑えたら、その反動で蹴り上げのキックを入れます。蹴り上げのキックを強く行うと、頭が浮き脚が沈んでしまい水面に対してフラットな姿勢で泳ぐことが難しくなるので、足の裏全体を使ってキックがす...

背泳ぎでのストロークが上手く出来ていますか?ストロークは、出来るだけ多くの水を水をかいたほうが推進力が得られ、上手な人の背泳ぎをみてるとストローク数は少なく、一回でとても進んでいますよね。そして、ストロークの際に、腕を頭の上から何も意識せずに回していても多くの水をとらえることが出来ません。その為、単に腕を回転させるのではなく、肩から動かすという意識をもって肩を大きくつかってストロークするようにする...

背泳ぎのローリングが上手く出来ていますか?そもそもストロークをすると、身体がおのずとローリングをしますが、過剰にしてしまうと背泳ぎでの蛇行の原因になってしまうんですね。その為、手をかき回して進むというよりは、腰をひねりしなやかにローリングさせることで、おのずと手がついてくるようになる泳ぎが理想的でしょう。例えば、蹴り下げキックを右足ですると、左の方向へ体の軸がローリングし、キックをするたびに左右に...

背泳ぎでの息継ぎ(呼吸法)が上手く出来ていますか?他の泳法と違って背泳ぎは、水面上に顔が常に出ているので、いつでも呼吸が簡単に出来るという安心感があるかもしれませんね。確かにクロールなどと比べたら呼吸法はそう難しくはありませんが、息継ぎの吸う、吐くのリズムを一定にしておかないと、入水時などに顔に水がかかったり頭が水没した時などにはりパニック状態に陥りやすく、スピードにも影響が出るものです。その為、...

背泳ぎでのスタートから入水して、水上に浮き上がるまでのシュートアップはバサロキックで行われますね。ご存じのようにバサロキックは、両腕を真っ直ぐに伸ばし、両方の足も揃えて上下にキックするのがバサロキックですが、背泳ぎではこのできいかんでタイムに大きな差が出るので、とにかく速くなりたいならしっかりマスターしておくことが大切です。その為にはまずはしっかり基本をマスターしておく必要があります。まず、背泳ぎ...

背泳ぎのターンが上手くできますか?タイムを縮める為にもターンが上手くできるようになって、タイムロスを少しでもなくしたいものですよね。背泳ぎのターンにはタッチとクイックターンがあり、壁までの距離が分からないのが難しいところですが、速さを追及するならやはりクイックターンでしょう。現在はスタート後だけではなく、ターン後にも15メートル近くバサロキックを行えるので、記録は大幅に短縮されたので、ターン後にバ...

背泳ぎのプッシュが上手く出来ていますか?背泳ぎのバックストロークは、かっては水中で前進する為に、腕を水中に入れて水をつかむ(キャッチ)、水を引きよせる(スカリング・プル)、最後に水を押し出しすプッシュオフ、再び腕を水中に入れるリカバリーといった大きなS字を描くような泳ぎ方が主流でした。ですが、今はストロークはほとんど一直線になるようなスマートなS字を描くようになってきています。つまり、水を押さえ、...

自分に合った背泳ぎのフォームで泳ぐことが出来ていますか?背泳ぎでスピードをアップさせるにはフォームが大切ですね。ローリングはできる人は結構いますが、自分に合った水の抵抗を少なくし、速く楽に泳げる背泳ぎのフォームというのはなかなか習得しているスイマーは多くはありません。そして、練習後に腕や肩などが痛いようなら上手く水を捉えていないことが考えられます。そもそも多くの水を捉える為には、背中の逆三角形のラ...

背泳ぎのクイックターンの練習に十分な時間をかけていますか?のクイックターンの練習方法としては、動作をいくつかのタイミングごとに分けて行い、そして全体の流れを練習することがポイントですね。背泳ぎのクイックターンは仰向けの状態から一気にうつ伏せになって行うので、まず最初にポイントとなるのが、このうつ伏せに体を変えるところで減速しないで身体を切りかえることです。とは言え、うつ伏せで泳ぐクロールや平泳ぎ、...

背泳ぎを速く泳ぐには、まずはスピードが遅くなる原因を知ることが大切ですね。そもそもトップクラスの上級のスイマーでもスピードの差はあるので、背泳ぎのスピードが上がらない原因はレベルによって様々でしょう。そして、背泳ぎ初級者レベルでストロークやキックで激しく身体を動かしているのにスピードが遅く、前にあまり進まないようなら、ほぼ間違いなくフォームが原因と考えられます。例えば、キックの蹴り上げ足は、膝を軽...

背泳ぎでレースに出る選手なら、タイムを縮めるために不可欠な技術であるスタートでの飛び出す力の強化を図ることが大切ですね。実際に、スタートから得られる推進力はどの局面よりも比較にならないほど大きなものなので、そこから得た大きな推進力を、いかにロスせずに泳ぎに繋げていけるかで、タイムも大きく変わってきます。また、唯一、背泳ぎのスタートだけが、スタート台の下から壁を蹴って行うようになる為、他の3泳法とは...

背泳ぎは体幹を鍛えることが大切になりますね。そもそも背泳ぎは沈みやすい泳法なので、お尻や脚を高い位置に保つ意識が必要になります。その為、下半身を持ち上げる為に股関節やお尻の筋肉が重要になってきます。また、クロールと比較するとローリングやキック動作も大きくなり、アップとダウンキックの両方から推進力が生まれます。その為、色々な向きで体幹を安定させるために鍛えることが必要になってくるのです。更に、背泳ぎ...

背泳ぎのプルが上手く出来ていますか?プルはキャッチした水を押し出す動作ですね。そして、背泳ぎのプルでは、身体を捻りながら体幹が不安定になってしまうと、身体の後方に肘の位置が行き過ぎてしまいます。その為、両肩のラインよりも肘が後ろになり過ぎないように注意して、腕力だけではなく背中の広背筋をしっかり使って、水を引っ張ってくることがコツです。この時のプルの動作で水を引っ張ってくる際には、手の外側に水が逃...

背泳ぎのキックとプルのタイミングを合わないで困っていませんか?特にキックとストロークのコンビネーションが合わないと姿勢が崩れやすく、バランスのとれた泳ぎが出来ず、スピードもでないものですね。そんなキックとプルのタイミングを合わせる練習としては、左右のそれぞれの手で25メートルずつ片手スイムをして、その次に、両手スイムで25メートルを繰り返すというようにすれば、各部分に意識が向いて、全体のコンビネー...

背泳ぎのエントリーは親指から行っていますか?手を水面から出して、次に水を掻くまでに、手を上に振り上げている間に手のひらを回して 小指から入水するようにと教わった人も多いかもしれませんね。ですが、背泳ぎのエントリーでは無理に小指から入れる必要はありません。何故なら、ローリングが深くなり顔が左右にぶれるなど、フォームが崩れてしまうからです。そうなってスピードが落ちタイムロスするよりは、リカバリーしたま...

水泳では、ある程度の腹圧を常に入れておくのが基本ですね。そして、背泳ぎの一連の動作の中でも、キック動作は脚全体で水の抵抗を受けることから、骨盤がぐらつきやすくなるので、そこで骨盤を止めて体幹を安定させておけるかどうかが重要です。何故なら、キックから効率よく推進力を得るには、骨盤を安定させた状態でキックを打つことが大切で、ぐらっかせないで打つことで推進力が増すからです。また、背泳ぎは脚が沈みやすい泳...

ローリングが上手く出来ていますか?背泳ぎは、顔がぶれることなく安定的にストロークを行うことが大切ですが、ローリングが出来ていることが前提になるのでそういった意味でも、しつかり出来るようにしておかなければいけませんね。そして、きちんとローリングをして、肘がしっかり曲がっていれば、そこからフィニッシュに向けてぐっと力を入れてかくことが出来る筈です。そんなローリングの練習で効果的なのが、サイドキックを交...

背泳ぎで、ターン後のバサロキックが上手く出来ないという悩みはありませんか?特にクイックターン後に跳び出しが上手く出来ずに、バサロキックに上手く繋げられないで、タイムロスをしてしまう選手も少なくありませんね。この時には、小さく回ることによってお腹を見ながら回ってくるようになりますが、その後に跳び出さなければいけません。ターン後に跳び出すことが苦手という方は、ターン中に進行方向を少し確認してから跳び出...

背泳ぎのスタート後はどのような順番で体を動かしていますか?背泳ぎでタイムを縮めるには、スタートで遠くに蹴り出したいもですよね。特に多いのが遠くに蹴り出せず綺麗なアーチが作れないで、いつも下に落ちるような形になってしまっていることです。その原因として考えれるのは、スタートの合図後の動きの順番が正しく出来ていないことが考えれます。そもそも背泳ぎのスタートの一連の流れとしては、用意の合図を待つ時には、水...

背泳ぎのドリルの重要性を理解して練習を行っていますか?そもそも水泳選手で、いくらパワーや高い心肺機能があっても、それらを生かす技術がなければ、十分に力を発揮できず宝の持ち腐れになってしまいますよね。その為、水泳選手にとって何より技術が大切になると思うのです。。とは言え、背泳ぎの泳ぎの動作の中で一つひとつ確認し、マスターするのは難しいものです。そこで効果的なのがドリルです。泳ぎを細かく分けて練習する...

背泳ぎの練習後に肩や腕が痛いということはありませんか?このような人は上手く水をとられていないことが考えらます。何故なら、肘が下がり腕に力が入ってしまってフォームが崩れてしま;っているのです。そもそも背泳ぎでは、入水したら肘をすぐに内側に返し、手のひらを下側に向けて水をキャッチします。この時により多くの水をとらえる為に、広背筋にしっかり力を入れて腕の付け根から動かすことが重要なんですね。そして、水を...

キャッチが上手く出来ていますか?背泳ぎで速く泳ぐ為には、スムーズなエントリー(入水)から効率よく水をとらえるキャッチが欠かせませんね。その為、手の甲もしくは親指から入水するよういしたほうが、よりその次のキャッチの部分を作る上で、やりやすいでしょう。そして、手の甲から入ったら、そのまま肘を曲げるだけでキャッチが作れるのです。また、背泳ぎをするスイマーに多いのが、腕を内側に入れすぎて入水させています。...

背泳ぎで、キックを打っても思うように進まないということはありませんか?このような人に多く見られるのが、膝が水面から出て打っていることです。そもそも背泳ぎの水中でキックを打つ時の姿勢は、胸を張って、身体は水面の近くを維持しながら膝は水面に出さないようにして、キックを打つことを心掛けて行うことが大切なんですね。ただ、キックは股関節のところか動かすようにと教えてもらった方もいるかもしれませんが、この状態...

スクリューキックをしっかり行っていますか?背泳ぎのキックは、単に真上に蹴り上げるのではなく、少し回転をいれながら行うことでより推進力が得られ、スピードアップに繋げることが出来ますね。そもそも足の甲は盛り上がっているので、そのまま足先を真上に蹴り上げても、足の甲全体で水をとらえることが出来ません。その為、多くの水を蹴るためには角度をつける必要があります。そこで、両脚を内股にして、足の先を内側に向ける...

背泳ぎのスタートでの蹴り出しから浮き上がりはどのようにしていますか?初心者の方に多いのは、スタートでの蹴り出し後に上手くもぐることが出来ずに、背中でザザーッと水を切って、顔に水がつかないようなスタートをしている人も多いように思います。そのような人は、蹴り出しで上に向かうのではなく、斜め下に向かって蹴り出すことにトライしてみましょう。そうすることで、バサロキックに繋がる状態を作っていけるようになりま...

背泳ぎで、水をかく動作であるプルの推進力が弱いということはありませんか?背泳ぎというと、どうしても腕を回すというイメージが強くあるものです。しかし、このようにしてしまうと、肩だけ回ってローリングしてしまうようになるので、もっと水中の深くをかいてしまうようになります。このようにプルが深すぎたりしてしまうと、うまいプッシュの仕方が出来ず強い推進力は生めません。その為、改善のポイントは、腕は大きく回転さ...

背泳ぎのバタ足が進まないということはありませんか?基本的には、背泳ぎのバタ足もクロールと同じですが、ポイントは膝を伸びきるところまで蹴り上げることです。これがしっかり出来ないと膝から下の動きが抑制されて、しっかり水を押し出すことが出来なくなってしまいます。また、蹴り下げのほうが強くなって、推進力には繋がらない無駄な力が働いてしまいます。そういう人は水面上に膝が出たままキックしてしまっている悪い癖が...

背泳ぎの手のかき方のポイントして、間を作る意識を持って練習することが大切です。入水のポイントからフィニッシュの間のところで一旦停止することを意識して泳ぐようにするのです。そうすることで間が生まれ、次の動きの準備がしっかり出来るのです。ただ何秒も停止するのではなく、気持ち止まる程度で片手のストリームラインを作るイメージで行い、次の動作に繋げれるようにすることが大事です。実際に、背泳ぎの上手い人の手の...