プルの推進力が弱い

背泳ぎで、水をかく動作であるプルの推進力が弱いということはありませんか?
背泳ぎというと、どうしても腕を回すというイメージが強くあるものです。

 

 

しかし、このようにしてしまうと、肩だけ回ってローリングしてしまうようになるので、もっと水中の深くをかいてしまうようになります。
このようにプルが深すぎたりしてしまうと、うまいプッシュの仕方が出来ず強い推進力は生めません。

 

 

その為、改善のポイントは、腕は大きく回転させずに半分回すイメージを持って、浅くをかくようにすることです
背泳ぎはローリングが入るので、このようにすることで自然と良い位置で水をかくことが出来るようになれます。

 

 

したがって、泳ぐ時には無理にぐるぐる腕を回す必要はありません。
半分の円をかくようにして回すのが背泳ぎのプルのコツです。この時には肩や首の力を抜いた状態で腕を回すように練習していきましょう。

 

 

また、この時にストロークの影響で頭がぶれてしまうことがありますが、上下でも左右でもぶらさないことが基本です。
特に初心者は頭が沈んだり、出たりしており、上下にぶれることで、大きな水の抵抗を受けてしまいます。

 

 

頭がふらっくようなら視線を安定させましょう。斜め後方45度くらいに固定すると良いです。
また両耳とアゴをいつも水面につけておくようにすれば、頭の位置がしっかり定まる筈です。

 

 

伸び悩む選手が陥っている、上達を妨げる間違った腕の回転方法とは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる