スタートでの蹴り出しから浮き上がり

背泳ぎのスタートでの蹴り出しから浮き上がりはどのようにしていますか?
初心者の方に多いのは、スタートでの蹴り出し後に上手くもぐることが出来ずに、背中でザザーッと水を切って、顔に水がつかないようなスタートをしている人も多いように思います。

 

 

そのような人は、蹴り出しで上に向かうのではなく、斜め下に向かって蹴り出すことにトライしてみましょう。
そうすることで、バサロキックに繋がる状態を作っていけるようになります。

 

 

もぐることが出来るレベルの方なら、それほど早く浮き上がるということは難しくはない筈です。
ですが、もぐりすぎてしまって浮き上がりのコントロールが上手く出来ない人が結構います。

 

 

浮き上がり時はキックで軌道修正するといいですが、このような場合には水面が近くなったらひとかきして、その勢いで上がってくるというのも一つの方法です。
ですが、水中で何回も水をかいたのでは抵抗が増えるだけですから、浮き上がりの間際にひとかきして、水を押して浮き上がるという意識をもっといいです。

 

 

水中でキックをしている時に、頭の上に両手を揃えている片方の手を太ももの横の方までかきながら、反対の手でかき始めるというタイミングで浮き上がれるのが理想でしょう。
このようにすれば、ストロークの勢いを浮き上がりにも使えるというベストなタイミングです。

 

 

顔が水面に出てからひとかき目を始めるのは明らかに遅すぎます。
背泳ぎは、仰向けになって泳ぐのでプールの底が見えず、それだけ距離感を掴みにくいことがあるので、何度も繰り返して、浮き上がりでのストロークのかき始めるタイミングを身につけるようにしましょう。

 

 

なお、浮き上がりのタイミングとしては、2種類あります。
一つは、バサロキックの状態から浮き上がる、もう一つはバサロキックをやった後にバタ足が入って浮き上がってくる方法があります。
これは自分の力が伝わりやすい方を選択しましょう。

 

 

タイムを遅くしてしまう背泳ぎのスタートに共通する間違った蹴り出しとは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる