スクリューキックのポイント

スクリューキックをしっかり行っていますか?
背泳ぎのキックは、単に真上に蹴り上げるのではなく、少し回転をいれながら行うことでより推進力が得られ、スピードアップに繋げることが出来ますね。

 

 

そもそも足の甲は盛り上がっているので、そのまま足先を真上に蹴り上げても、足の甲全体で水をとらえることが出来ません。
その為、多くの水を蹴るためには角度をつける必要があります。

 

 

そこで、両脚を内股にして、足の先を内側に向けるようにして少し回転を入れながらキックをすることで、足の甲で水を蹴る力は大きくなり足首のスナップも十分に利用できるようになります。

 

 

何より、背泳ぎでは、クロールよりも大きなローリング起きます。
何故なら、肩を後ろの方向に回す動作が入るからです。
その結果、足も全体的にローリングして、キックは水面に対して斜め方向に行います。

 

 

つまり、下半身のローリングでの足の動きというのは、両脚を内股にして、親指は内側に向け、左右の足が交差する時には親指が少し重なりあようにしながらスクリュー状にキックするようにするのです。

 

 

したがって、アップもダウンキックも水面に対して斜め方向(内側)にキックするように行うことが大切1になります。
ですが、選手によっては外側に脚が向いてしまって、効果的に推進力が得られていないことも少なくないので、この機会にしっかりスクリューキックのポイントを理解するようにしましょう。

 

 

トップスイマーのような、内側後方への効果的キックを身に付けるには?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる