進むキックに蹴り方

背泳ぎで、キックを打っても思うように進まないということはありませんか?
このような人に多く見られるのが、膝が水面から出て打っていることです。

 

 

そもそも背泳ぎの水中でキックを打つ時の姿勢は、胸を張って、身体は水面の近くを維持しながら膝は水面に出さないようにして、キックを打つことを心掛けて行うことが大切なんですね。

 

 

ただ、キックは股関節のところか動かすようにと教えてもらった方もいるかもしれませんが、この状態から膝を使って蹴るようにしてしまうと、前に膝が出やすくなってしまいます。

 

 

その為、股関節はあまり意識せずに、膝から下の動きを覚えることが背泳ぎのキックの蹴り方でのポイントになります。
そして、水を足の甲でとらえる感覚を身につけるには、プールサイドに腰かけて、膝を伸ばして足を動かしてみましょう。

 

 

そうすると、おのずと足の付け根から動いてきます。
この伸びたという感覚で行うことがコツなんですね。

 

 

もちろん、キックをする時には膝が曲がっていますが、水面に膝を出すように曲げてしまうと力が伝わらず、推進力が得られないので、膝から下の部分を意識して下げるようにすることです。

 

 

したがって、股関節を固定した状態で膝から下の部分を動かしてキックの練習をするといいですね。
そうすれば、自然に股関節にも動きが入ってきます。
また、真っ直ぐに進むには外側でなく出来るだけ内側を意識してにキックするようにすることも大切です。

 

 

いずれにしても、無理に股関節から動かしてキックをする必要はなく、膝から少し上あたりを意識してキックをするると、進むための効率のいいキックが出来るでしょう。

 

 

なお、練習方法としては、ビート板を胸に抱いてキックの練習をしてみましょう。
これなら腰が沈むことなく位置が安定して、集中して出来ます。
この時には、蹴り上げで自転車をこぐ時のように膝が曲がっていないか、水面近くまで足の甲で水を捉えられているか確認しながら行いましょう。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、ビート版を使って「長座姿勢」でトレーニングする方法など、進む為のキックを身につける練習なども紹介してあります。

 

トップスイマーが勧める、強力かつ無駄のないキックの習得法とは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる