エントリーからキャッチの仕方

キャッチが上手く出来ていますか?
背泳ぎで速く泳ぐ為には、スムーズなエントリー(入水)から効率よく水をとらえるキャッチが欠かせませんね。

 

 

その為、手の甲もしくは親指から入水するよういしたほうが、よりその次のキャッチの部分を作る上で、やりやすいでしょう。
そして、手の甲から入ったら、そのまま肘を曲げるだけでキャッチが作れるのです。

 

 

また、背泳ぎをするスイマーに多いのが、腕を内側に入れすぎて入水させています。
このようになるのはリカバリーで肩関節の可動域を十分に使えるからです。
ですが、理想の入水位置は肩の直線上か、もしくはやや外側に入れるくらいが良いと思います。

 

 

内側に入りすぎてしまうと、水を掻く時に抵抗が生じるからです。
そんな背泳ぎのキャッチの仕方のポイントは、肩甲骨を沈める感覚で体を傾ける、上腕を内旋させて肘を立てる、上肢が上を向くように回旋させ、手のひらを素早く後ろの足の方へ向けることです

 

 

このようにキャッチすることで効率よく水を捉えることが出来ます。
この時に指先と肘、肩を結んだ時の腕の形が、三角形が出来上がるようにすれば、より効果的に水をとらえられるでしょう。

 

 

いずれにしても、手のひらだけではなく、腕全体で水を捉えるような意識でキャッチするようにしましょう。
なお、背泳ぎを改善するには、一連の泳ぎの動作を確認しながら覚えることが出来るか片腕で泳ぐドリルが効果的です。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、エントリーからキャッチの仕方はもちろん、入水の位置、片手の動きを覚える練習方法も紹介してあります。

水中での手の掻き方など、スロー映像で分かりやすくなっています。

 

タイムが伸びない選手に共通の、水のキャッチ時の悪癖とは?

文章では分かりづらいことも映像とメールサポートでバッチリ理解出来ます!

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる