練習後の肩や腕の痛みはフォームの崩れが原因

背泳ぎの練習後に肩や腕が痛いということはありませんか?
このような人は上手く水をとられていないことが考えらます。

 

 

何故なら、肘が下がり腕に力が入ってしまってフォームが崩れてしま;っているのです。
そもそも背泳ぎでは、入水したら肘をすぐに内側に返し、手のひらを下側に向けて水をキャッチします。

 

 

この時により多くの水をとらえる為に、広背筋にしっかり力を入れて腕の付け根から動かすことが重要なんですね。

 

 

そして、水をキャッチしたら、そのまま水の固まりを押さえるようにプルし、足下に向けて投げようなイメージで行います。
むやみに手をブンブン回しても、水の抵抗を受けるばかりで、効率よく前に進むことが出来ません。

 

 

背泳ぎは左右に腰をひねり、体を柔軟にローリングさせて推進力を得て、スムーズに進むことができ、そうすることで自然に手が前にも伸び、より遠くの水をキャッチすることが出来るようになるのです。

 

 

入水するときは小指から入れるほうが良いという考えもありますが、体の動きが不自然になるようならフォームが崩れてタイムロスの原因にもなるので、リカバリーしたまま親指から入水し、手のひらを返して水をキャッチしたほうが良いです。

 

 

いずれにしても、水の抵抗を少なくし、早く楽に泳げる背泳ぎのフォームというのはなかなか習得しているスイマーは多くはありません。
ですが、自分にあった正しいフォームを身につければ、練習後の肩や腕の痛みなどもなくなり、長距離も泳げるようになりますし、足が沈む、鼻に水が入って苦しいといった悩みも同時に解消される筈です。

 

 

なお、背泳ぎの肩の回転、そして体のローリングのリズムのとらえ方には難しいポイントがあるので、この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、「手と腕の回し方」が詳しく良い例、悪い例を交えてDVDで解説してあります。

 

伸び悩む選手が陥っている、背泳ぎの上達を妨げる間違った腕の回転方法とは?

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる