スタートの合図後の動きの順番

背泳ぎのスタート後はどのような順番で体を動かしていますか?
背泳ぎでタイムを縮めるには、スタートで遠くに蹴り出したいもですよね。

 

 

特に多いのが遠くに蹴り出せず綺麗なアーチが作れないで、いつも下に落ちるような形になってしまっていることです。
その原因として考えれるのは、スタートの合図後の動きの順番が正しく出来ていないことが考えれます。

 

 

そもそも背泳ぎのスタートの一連の流れとしては、用意の合図を待つ時には、水中で壁に向かいスタート台のバーを両手で握ります。
この時には、両足を揃えて壁につけて体を支えます。。

 

 

そして、用意で両手でバーを引きつけ、頭を下げ、肘を曲げ、かかとにお尻を近づけるように膝を曲げます。
スタートの合図で、上に腕を引きあげて頭を後ろに倒し、バーを押しながら腕を伸ばします。

 

 

脚は壁を蹴りながら伸ばし、両手は顔の上を通って頭上に伸ばします。
背中を反らしてストリームラインで入水し、この時には脚を上げて一点入水をするようにします。
このように構え、引きつけ、蹴りだし、フライト、入水というのが一連の背泳ぎの流れになりますよね。

 

 

このことからも分かるように、スタートの合図後の動きの順番は、最初に頭、手、胸、最後に足を蹴り出すという順番になるわけです。
ですが、構えたところから足を蹴ってしまうと手の部分が残っているので腰も上がらないので綺麗なアーチも作れず遠くに飛べなくなり、下に落ちるような形になってしまいます。

 

 

この中野高監修の背泳ぎスピードアップ・プログラムDVDでは、スタートの合図後の動きの順番やそれを意識した陸上でのトレーニング方法なども分かりやすく解説してあるので、重心移動なども上手く出来るようになり、綺麗なアーチで遠くに飛べるようになれるでしょう。

 

スタートで遅れるなら必見!陸上でもできるスピードアップのための効果的トレーニングとは?

文章だけでは分かりにくいことも、映像での解説とメールサポートでバッチり分かる。

 

背泳ぎスピードアッププログラムの詳細を見てみる